2010年04月13日

超小型衛星 11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)

 国立天文台は12日、東京大、京都大と開発した超小型衛星「Nano−JASMINE」(ナノジャスミン)を来年8月に打ち上げると発表した。星の位置や運動の観測を専門にした科学衛星で、欧州宇宙機関が89年に打ち上げた「ヒッパルコス」に次ぎ世界2例目。従来の星表(恒星の位置カタログ)の精度を高めることが期待されるという。

 ナノジャスミンは50センチ立方で重さ約35キロ。ウクライナのサイクロン−4型ロケットで、ブラジル北部のアルカンタラ発射場から打ち上げられる。衛星開発費約1億円は国立天文台の運営交付金で負担する。約12万個の星の正確な位置や運動を測定したヒッパルコス衛星の40分の1程度の重量で、同程度の観測精度を実現した。

 計画では、2年間で約20万個の星の位置などや運動を観測し、2014年に独自の星表を完成させる。国立天文台JASMINE検討室の郷田直輝室長は「宇宙から天体を観測する天文学発展の大きな一歩になる」と期待を寄せた。【八田浩輔】

【関連ニュース】
H2Aロケット:「いぶき」や公募衛星搭載、打ち上げ成功
073 宇宙メッセージ・キャンペーン

気象庁係長、すり未遂現行犯逮捕=通勤中「何度かやった」−警視庁(時事通信)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
「脱線事故忘れないで」=負傷者ら、駅でしおり配布−兵庫(時事通信)
視覚障害者に2人乗り自転車を、平城宮跡サイクルフェス(産経新聞)
足立区生物園のチョウ 米の“空”で舞い披露へ(産経新聞)
posted by イマイズミ リョウ at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。