2010年03月19日

消費税争点に衆院選も=行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は13日、神戸市で講演し、消費税の増税に関し「(鳩山内閣は)次の選挙までは上げないと約束したのだから、もし4年以内に上げなければいけない状況に追い込まれたら、その時点で(衆院)解散して国民の信を問うべきだ」と述べ、消費税増税を争点に衆院選が行われる可能性に言及した。
 ただ、「税金の無駄遣いをやめさせ、使い道を変えることを先にやらないといけない」とも強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

倫理委承認と偽り論文、東大教授に停職1か月(読売新聞)
<名進研>社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検(毎日新聞)
<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)
「裁判官でも妥協せん」阿久根市長、広報紙に(読売新聞)
民公接近 与党から不満続出、連立に影響 小沢氏ダンマリ(産経新聞)
posted by イマイズミ リョウ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。